脱炭素への政府の本気度

query_builder 2020/11/08
ブログ
20201109

来年度に「地球温暖化対策推進法」が決まって行く方向です。その為の「地球温暖化対策推進本部」が政府でたちあがり、2050年脱炭素へ産業構造や経済社会の発展へ全閣僚一丸で動き出しました。その中で「国民のライフスタイルの転換」「日本の取り組みを国際社会へ発信する」とのことです。各企業も「RE100」の宣言から行動へ進んで行くのではないかと思います。また、県庁所在地では恐らく初となる「電力の地産地消」が来春に会社を設立しスタートするそうです。すでに群馬ではいち早く中之条町が2年ほど前から始めております。企業も、自治体も進むべき方向ははっきりしましたので「脱炭素社会」に向け動き出しました。これから多くの自治体や企業が「宣言」すると思います。弊社も頑張って「自家消費発電」「再生可能エネルギー」の提供に向け頑張ります。

NEW

  • 太陽光メンテナンスに注意

    query_builder 2021/01/19
  • 日本の「風力発電」は海上が主流か?!

    query_builder 2021/01/18
  • 再生可能エネルギーでの土地利用面積は少ない?!

    query_builder 2021/01/17
  • 100%再生可能エネルギーで電力を賄える

    query_builder 2021/01/16
  • 自家消費型太陽光発電を補助金と優遇税制で設置!?

    query_builder 2021/01/15

CATEGORY

ARCHIVE