自然環境への配慮とは?

query_builder 2020/11/16
ブログ
20201116

かつて日本も今の中国やインド、東南アジアのように「公害大国」でした。技術の進歩、意識の変化でだいぶ環境への配慮ができてきています。SDGsでは主に「環境」が主題になっています。その他、貧困、教育、保健、ジェンダー、平和、などなどがございますが「環境問題」がテーマが多いです。現在の中国は日本よりも「再生可能エネルギー」の普及が多く25%がすでに達成しております。日本はまだ16%です。首相の2050年、脱炭素社会宣言より前の目標値は 23%ですので、日本の意識の低さがあったことは確かです。先進7か国の中ではアメリカに次ぐワースト2位です。中国は更に「再生可能エネルギー」の普及に努めております。太陽光発電パネルの生産出荷1位の企業は中国ですし、上位10位のほとんどを中国企業が占めています。日本は10位以内に1社入るかどうか?です。中国は製品の品質も大変よく「公害大国・中国」の汚名も晴らす勢いです。最近は「公害」のニュースを聞かなくなってきています。世界中が「環境」に対する意識の変化が来ているタイミングだと思います。

NEW

  • 時代の変化

    query_builder 2020/11/24
  • SDGs…何故持続可能でないとダメ!

    query_builder 2020/11/23
  • SDGsには更に169のターゲットがあります。

    query_builder 2020/11/22
  • 安中市の太陽光の条例

    query_builder 2020/11/21
  • 何故!SDGs?

    query_builder 2020/11/20

CATEGORY

ARCHIVE