物理的には再生可能エネルギーでの供給は可能

query_builder 2020/12/04
ブログ
20201204

現在の住宅やアパート、工場などの屋根の設置が約2倍~3倍に、未利用地の耕作放棄地や高速道路の側面、林野地などなどの設置が可能と思われる個所だけで、日本の電力消費量の6~10倍を賄える計算になります。全てに設置は流石に難しいですが、物理的には可能です。先日も同内容を説明しましたが、同時同量や送電線等の問題もこれからですのでまだまだです。しかし、首相宣言の「2050年脱炭素」は不可能ではないことが分かります。時代とともに電気社会になり電力消費量は上がりますが、人口の減少でそこまではこれからは増えないと思いますので 楽しみな社会が待っているような気がします。2035年に中国では「電気自動車を100%」を掲げています。日本の企業も近々「電気自動車の発表」があるかもしれません。環境に優しい社会が近いかもしれません。

NEW

  • 太陽光の今後は?

    query_builder 2021/01/21
  • query_builder 2021/01/20
  • 太陽光メンテナンスに注意

    query_builder 2021/01/19
  • 日本の「風力発電」は海上が主流か?!

    query_builder 2021/01/18
  • 再生可能エネルギーでの土地利用面積は少ない?!

    query_builder 2021/01/17

CATEGORY

ARCHIVE