電力の需要度UP

query_builder 2020/12/07
ブログ
20201207

1965年頃は家庭のエネルギー比率は電気23%、ガス27%、灯油15%、石炭35%の割合でしたが、近年は電気51%、ガス32%、灯油17.5%、石炭はほぼ0です。おそらく今後は電気が100%に近い将来になると予想されます。その中で電気の自給自足や地産地消が主流になると思います。「新電力」や「自家消費発電」はそれをコントロールしながらの安定供給=需要になると考えられています。また、太陽光は自給自足や地産地消には良いアイテムではないかと思います。大きい電力は水力や風力などが主の供給先ではないかと考えています。工場も太陽光を使った「自家消費発電」も利用できますし「再生可能エネルギー」の普及が今後の日本、世界の発電になるのは遠い将来ではなくなりました。2030年代半ばで日本も「自動車」を電気、ハイブリッドに変え、化石燃料のエネルギーをどの業界も抑えて行くのは時代の流れです。良い未来が近づいているようで楽しみです。

NEW

  • 太陽光の発電効率

    query_builder 2021/01/25
  • 太陽光メンテナンスは必ず行いましょう。

    query_builder 2021/01/24
  • パリ協定への復帰

    query_builder 2021/01/23
  • 再びパリ協定へサイン

    query_builder 2021/01/22
  • 太陽光の今後は?

    query_builder 2021/01/21

CATEGORY

ARCHIVE